Googleはスマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇するアルゴリズムに変更した。(2015年4月21日から適用)

モバイルフレンドリーテスト/チェック実施!

 

今すぐ調べてみる人は以下

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

 

実は他にも確認方法があります!詳細は最下部

モバイルフレンドリーって何だろう

レスポンシブルサイト

レスポンシブルサイト

モバイルフレンドリーとは、Webサイトがスマートフォンでの表示に最適化されている事である。具体的にはスマートフォンなど、画面幅の違うデバイルでサイトを表示しても、操作しやすく、読みやすいサイトになっているという事です。

 

 

 

 

モバイルフレンドリーかどうかで影響を受ける事とは

モバイル検索(スマートフォンを使って検索)した際にのみ営業しますが、

以下の事を覚えておくとよいです。

  • モバイルフレンドリーでなくても、PCで検索したときの検索ランキング(SEO)は変わらない。
  • モバイルフレンドリーでないと、スマートフォンで検索したときの検索ランキング(SEO)が下がってしまう可能性がある。
  • モバイルフレンドリーはサイト全体でなく、ページ単位での判定になる。→スマホ対応サイト制作したい方はクリック

 

ページ毎の判定ということであれば、すでにwebサイトを持っている方は、検索によく引っかかるページのみ優先的にモバイル対応されていく事で、集客UPを見込める可能性があります。

モバイルフレンドリーテストでチェックされる項目

以下がチェック項目です。

1つ合格するごとに加点という仕組みではなく、全て合格するか、1つ以上の不合格があるかのどちらかで分けられます。

  • Flashを使っているかどうか。スマホだとFlashが動かない事も多い。
  • ズーム(ピンチアウト)しない状態で、テキストが読めるか。
  • 本文が横にはみ出して横スクロールが必要になっていないか。スマホの場合、上下移動は簡単だが、横移動はストレスである。
  • リンクがタップしやすいか。簡単にタップできるよう、各リンクがしっかりと離れた状態の配置かどうか。

不合格が5箇所あっても、1箇所しかなくても、同じく不合格となります。

アルゴリズム的にはモバイルフレンドリーテストの合格すれば、ひとまずOKのようです。

 

スマホ対応サイトを作る必要があるのは、

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテスト

 

レスポンシブル対応テンプレートが本当にモバイルフレンドリーかどうかはわからない

ちゃんと確認しないとモバイルフレンドリーじゃないかもしれません。

ユーザーエージェントの識別ミスの場合

端末(デバイス)毎に表示ページを振り分ける場合に、ユーザーエージェント(以下UA)情報を識別する必要があります。ただ、UAの識別ミスがあっても、モバイルフレンドリーテストに合格する事があります。この問題は、英語版のGoogle公式ヘルプフォーラムでも話題に挙がっています。

Google公式フォーラムの問題

Google公式フォーラムの問題

UAの識別ミスがあるかどうかは、Googleウェブマスターツールで確認するのが手っ取り早い方法です。多数のサイトで生じている現象なので、必ずGoogleウェブマスターツールでもチェックするようにしましょう。

テンプレートサイトでは発生する誤解

たとえグーグルが推奨しているレスポンシブルwebテンプレートでさえ、モバイルフレンドリーでない可能性があります。

実際にスマホで確認しても、一見レスポンシブWebデザインに見えても、特定のデバイスで見たときにレスポンシブルデザインになっていない可能性があります。具体的には、画面幅に依存したpx単位のブレイクポイントを設定に影響されます。(このようなサイトは「アダプティブデザイン」と呼ばれます)。デバイス(端末)によって横スクロールバーが表示されたり、レイアウトが崩れたりしている事があります。

制作の際にモバイルフレンドリーかどうか確認できるの?

ただし、Web制作者として、このレベルでの要求をされて場合、当然費用をしっかりと頂いていれば、このあたりの事前調査までした上で、制作ができると思いますが、弊社のお勧めする格安Web制作プランの場合は、少し金額を上乗せしないと対応はできないだろう。

かといって、スクラッチ開発(1から作る)場合は、費用が10,000thb~など、各段に高くなる為、注意が必要だ。

 

アプリがあれば、順位が上昇?アルゴリズム改定

実は、モバイルフレンドリーアルゴリズムの発表の同時期に、スマホのアプリを検索結果で優遇するというアルゴリズムを導入したと発表されています。App Indexingといわれる検索結果でクリックするとアプリのダウンロードページに直接移動する検索結果である。

ただし、アルゴリズム適用は、アンドロイド(Android)アプリだけとなります。

アプリが上がったことによって、サイトが若干の下落があったと予想されます。

 

 

PageSpeed Insightsを使って、モバイルフレンドリーチェック

モバイルフレンドリーテストと同様にURLを入力するだけ!簡単チェック

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

PageSpeed Insightsでは、サイトの読み込み時間を短くする為(SEOを改善する為)の様々な方法を調べる事ができます。

PageSpeedInsightsでモバイルフレンドリーチェック

PageSpeedInsightsでモバイルフレンドリーチェック

 

読み込みスピード改善のヒントだけでなく、UXも診断してくれるようになっています。

上記の画像の99/100 ユーザー エクスペリエンスとなっているところで判断します。

問題が発生していたら解決までのヒントが表示されますのでそれに従って修正していくといいでしょう。

 

Googleウェブマスターツールのモバイルユーザビリティ

運営しているサイトであれば、ウェブマスターツールのモバイル ユーザビリティでモバイルフレンドリーチェックする事も可能です。

https://www.google.com/webmasters/tools

 

モバイルユーザビリティでモバイルフレンドリーチェック

モバイルユーザビリティでモバイルフレンドリーチェック

ウェブマスターツールにログインし、「検索トラフィック」→「モバイルユーザビリティ」と進みます。

エラーが何ページあるかどうか?

ユーザビリティエラーの内容などを確認することができます。

サイト全体のスマホ対応具合を、ウェブマスターツールのモバイルユーザビリティでにて把握し、

エラーがある場合にはモバイルフレンドリーテストで調べながら修正していきましょう。

このブログの管理人

Yusuke TabataNayoo Group Co.,Ltd. CEOTwitter:@https://twitter.com/yusuketabata
好奇心旺盛!挑戦大好き!不動産とwebサイト制作の仕事に没頭中です。
趣味は旅行。20か国50都市以上に訪問済です。TDK(磁石の研究・開発)→オープンハウス(不動産の売買)→現在タイ法人の代表として奮闘中です。
icon-facebook-squareFacebookページはこちらicon-facebook-square